株式会社Smash

サブスクリプションサービスや定期通販の解約抑止・分析を行なっている会社です。「解約」か…

株式会社Smash

サブスクリプションサービスや定期通販の解約抑止・分析を行なっている会社です。「解約」から企業の課題を見つけ出し、「企業の強み」に変えていきます。 【導入事例やサービス資料はこちら!】https://smash.ne.jp/

マガジン

  • マーケター必見!解約分析とLTV改善のいろは

    サブスクサービスのマーケターのための、解約を起点としたLTV改善の分析フロー、顧客理解ノウハウをお伝えしています。

記事一覧

定期通販やライフラインなど毎月払うサービスはクレジットカード決済で定着率UP!お客様に選んでもらうには?

定期購入の解約が増えていたり、顧客定着率の低下に悩んでいませんか? 支払い手段は多いほど良いと言われていますが、定着率が高い支払い方法と低い方法があることが判明…

株式会社Smash
1か月前
8

解約は顧客との最後のタッチポイントにはならない。第二のLTVを掘り起こす施策とは?

まずは、本題をお伝えする前に獲得部分のお話です。 サブスクリプションビジネス(以下、サブスク)やEコマースの定期販売などは広告やアフィリエイトに多くの予算を割い…

株式会社Smash
2か月前
14

解約の深夜受付を停止するとどうなる?実験的な施策の結果を紹介

いまや多くのサービスでチャットボットが導入され、24時間いつでも顧客対応ができる環境になり、顧客の利便性が向上してきました。一方で、昼夜を問わず解約手続きもできる…

株式会社Smash
2か月前
7

チャットボットの回答率をあげるためには?業種別に実例で解説

いまやチャットボットはWeb接客の必需品ですが、使い方次第でユーザーに解約を思いとどまらせる効果もあることはご存じでしょうか。 今回はSmashが持つ様々なチャットボッ…

株式会社Smash
2か月前
10
定期通販やライフラインなど毎月払うサービスはクレジットカード決済で定着率UP!お客様に選んでもらうには?

定期通販やライフラインなど毎月払うサービスはクレジットカード決済で定着率UP!お客様に選んでもらうには?

定期購入の解約が増えていたり、顧客定着率の低下に悩んでいませんか?
支払い手段は多いほど良いと言われていますが、定着率が高い支払い方法と低い方法があることが判明してきました。
この記事では、定着率が高い決済手段は何か、その決済をどうやってお客様に選択してもらうのかを解説していきます。

支払い方法による定着率の違いSmashでは様々なリテンション(契約維持)施策に取り組んでいます。
その一環として

もっとみる
解約は顧客との最後のタッチポイントにはならない。第二のLTVを掘り起こす施策とは?

解約は顧客との最後のタッチポイントにはならない。第二のLTVを掘り起こす施策とは?

まずは、本題をお伝えする前に獲得部分のお話です。

サブスクリプションビジネス(以下、サブスク)やEコマースの定期販売などは広告やアフィリエイトに多くの予算を割いて新規の顧客を獲得しています。そのため、新規顧客は獲得して終わりではなく、その後も継続してもらえるかどうかを考えなくてはなりません。そして、今後根強い既存顧客となる可能性を秘めているのが、何らかの理由でそのサービスや定期購入を辞めてしまっ

もっとみる
解約の深夜受付を停止するとどうなる?実験的な施策の結果を紹介

解約の深夜受付を停止するとどうなる?実験的な施策の結果を紹介

いまや多くのサービスでチャットボットが導入され、24時間いつでも顧客対応ができる環境になり、顧客の利便性が向上してきました。一方で、昼夜を問わず解約手続きもできるということは、解約される機会が増えているとも言えます。

とくに、コールセンターで解約の手続きを受けていた企業では、チャットボットへの変更後に営業時間外の解約が増えると、社会の良識に反するとはいえ、「深夜帯に解約受付を止めればよいのでは?

もっとみる
チャットボットの回答率をあげるためには?業種別に実例で解説

チャットボットの回答率をあげるためには?業種別に実例で解説

いまやチャットボットはWeb接客の必需品ですが、使い方次第でユーザーに解約を思いとどまらせる効果もあることはご存じでしょうか。

今回はSmashが持つ様々なチャットボット運用経験のなかから、解約ページ上のチャットボットを有効活用し、ユーザーからの回答率をあげることが解約抑止にも効果を発揮した事例をご紹介していきます。

チャットボットをどう運用していけば良いかわからない方や、解約数の増加にお悩み

もっとみる